レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
MFJとは
MFJ VISION / 2018施策
事業
事業計画・報告
予算・決算
組織
中央,地方,会員組織
中央スポーツ組織
所在地
定款
役員名簿
FIMとは
補助事業
刊行物
MFJ50周年史(2011年)

MFJ VISION/2018 施策

全種目共通

  • モーターサイクルスポーツの普及度、認知度を測るものを「観客動員数」「会員数」「参加者数」とし、2020年の目標値を定めた。
  • 社会的認知向上の為「メディアへの露出」を重要課題とした。

観客動員目標値

全日本ロードレースの動員目標(1大会平均/日曜日の動員数)

@2017年 18,000名 (2013年の1.5倍)
A2020年 24,000名 (2013年の 2倍)
2017実績 12,939名

全日本モトクロスの動員目標(1大会平均/日曜日の動員数)

@2017年 5,000名 (2013年の1.5倍)
A2020年 7,000名 (2013年の 2倍)
2017実績 3,917名

目標達成に向けて引き続き具体策を広報部会・専門委員会にて立案推進する。

ライセンス会員数の目標値

会員数減少を止め現状より高いレベルでの安定化を目指す。

競技ライセンス
  RD MX TR SM ED SN Pit 競技役員  
実 績 2013年 5,759 1,871 1,467 344 219 202 7,364 4,815 22,041
2017年 5,461 1,553 1,366 341 525 71 7,889 4,234 21,440
目標値 2017年 5,800 1,900 1,500 350 250 210 7,400 4,900 22,310
2020年 6,000 2,000 1,600 380 300 220 7,500 5,000 23,000
2017年は11月末日の数値
エンジョイ会員

2015年度より会費を安価設定し参加しやすい環境を整備。

実 績 2013年 2,656
2017年 2,716
目標値 2017年 3,000
2020年 4,000
新会員制度の検討
  • レース以外のオートバイユーザーを対象に新しい会員制度を検討中、ロードサービスや他の会員制度を持つ企業と連携し会員メリットを拡大する。
  • スポーツライディングスクールを施設・教習所等と連携、ライディング技術の検定等検討
  • 東北復興応援ツーリング開催
  • 下部組織であるとしてマーケティング組織「MFJマーケティング」にて既存事業の棚卸しによる効率化とスポンサー獲得やプロモーション活動の拡大を促進

参加者数(平均参加・全日本RDは2&4除く平均)

全日本選手権は観客数の増加に力点を置くが地方選は参加者を多く集めることを目標とする。

  RD MX TR
全日本 地方選 全日本 地方選 全日本 地方選
実 績 2013年 127 108 333 135 106 66
2017年 112 131 250 82 120 66
目標値 2017年 135 120 340 140 108 70
2020年 140 140 350 150 110 80

安全対策

ロードレース
  • ロードレースコース公認規則の改定し、公認施設の査察を実施する
  • スポーツ走行時の安全対策について公認施設と情報交換
  • エアバッグ式プロテクションの義務化検討(MotoGPは2018より義務化)
モトクロス
  • 全日本開催マニュアル等でコース安全対策を啓蒙
  • レースアドバイザーの派遣(ライダーへの啓蒙・コース査察)
  • モトクロス運営統一セミナーの開催(広島・SUGO)
トライアル
  • セクション査察員の派遣
  • プロテクションの検討
エンデューロ
  • 競技役員講習テキストの作成
スノーモビル
  • コース安全対策の徹底
全種目共通
  • 脳震盪プロトコルとメディカルパスポートの徹底

競技役員の確保

競技役員の減少と高齢化対策

メディア露出・広報等

1. 映像メディア

プロモーション事業を委託したクライム社にてTV放映、製作会社と内容を比較検討し、下記の通り実施予定。

番組タイトル : RIDE & DRIVE

放 送 : 21時30分〜22時

放送枠 : BS12 Twellv 土曜日 30分枠(21:30〜) ※予定

番組本数 : 月1回,10本予定 2018年3月〜12月想定

ネット配信 : MOTO channe(l MOTOちゃんねる)

YouTube配信 : MFJ LIVE CHANNEL

モバイル配信 : AbemaTV FRESH!”MOTORSPORTS CH”

2. WEB

1)MFJオフィシャルHPと各カテゴリプロモーションサイトの連携

  • 全日本MX専用ページ(jmx.jp)
  • 全日本ED専用ページ(外部リンク/JEC)
  • 全日本SM専用ページ(外部リンク/SMJ)
  • その他イベントごとにバナーで表示

2)Superbike.jp(全日本RD専用)

  • MFJカップJP250専用ページ
  • MotoLadies(女性MSサイト)
3. プレスリリース
  • 専門誌メディアを中心にイベントごと2回配信
  • MFJマーケティングより、一般メディアを中心にイベントごと配信
4. 東京/大阪モーターサイクルショー
  • MFJブース出展/モーターサイクルスポーツコーナー/ステージイベント予定
  • 各メーカーにマシン展示・ライダー派遣等協力要請
  • トライアル普及の為のトライアル特設ブースをメーカー・インポーターと協力して出展し、一般の方々へトライアル競技をPR
5. MFJ MOTO AWARDS (ランキング表彰式)
  • 2017はメーカーに協力いただきチャンピオンマシン展示

ロードレースの施策

全日本選手権

1.JSB1000クラスの2レース制
【目的】
  • レース数を増加し、ライダーが積極的にパフォーマンスを発揮できる環境作り
  • 土曜日に第1レースを行うことで集客増加が期待される
【レース数】
  • 決勝2レース制を5大会で実施(8大会13レース)※2017年は8大会9レース
【2レース制の運用】
@ レースディスタンス :
レース距離 最低70km 2レースとも同一周回数
第1レースと第2レースの距離に差を設けてよい
(70km以上)
A 計時予選 :
最低時間 1組 40分以上×1回(20分×2回) 2組 30分以上×1回
B グリッドの決定方法 :
〔第1レース〕計時予選の各ライダーのベストタイムで決定
〔第2レース〕計時予選の各ライダーのセカンドタイムで決定
2.GP3クラスの若手育成施策
【目的】

若手ライダー育成を目的に2018年全日本ロードレース選手権GP3クラスに大会ごとに10名の『 特別参加枠』を設け、ジュニア・国内の優秀なライダーがより高いレベルのレースに参加する機会与える。

【特別参加枠の基準】
年 齢 :
12歳〜18歳
資 格 :
MFJロードレースジュニアライセンス、国内ライセンス
定 員 :
1大会あたり 10名以内

選抜は地方選NSF250Rチャレンジにおける成績、出場を希望する施設の全日本GP3のレコードタイム105%クリアなどの条件で選抜する。

【参戦形態】

チームに所属すること(個人参加は認められない)

【車両】

NSF250R

【仕様】

NSF250Rチャレンジ技術仕様に準ずる(最低重量は車両重量のみ)
ゼッケンのベース色 赤地 文字は白文字/ エアバッグ着用

【ポイント・賞】

特別参加選手には全日本ポイント・賞金は与えられない。

【参加メリット】
  • エントリーフィー 安価設定/タイヤの1セット無償供給
  • 優秀者はロードレース委員会で国際ライセンスへ昇格を認める場合あり
3.ST600クラスの施策
【ワンメイクタイヤの継続】

2018-2020 ブリヂストンタイヤサプライヤー決定

【ブリヂストンスカラシップ】
  • 地方選手権 ST600ナショナルチャンピオンが次年度全日本選手権参戦の場合毎戦タイヤ1セット提供
  • 地方選手権 ST600スポーツ走行の補助(各施設との調整中)
  • 全日本選手権用 タイヤテスト時の1時間走行枠の設定の継続
【2レース制】

筑波大会/オートポリス大会で2レース制実施(6大会8レース)

4.GP2クラス
【参加車両区分の見直し】

3気筒 675cc 2気筒 750ccまでを設定(今までは600t4気筒のみ)

2018年は参加車両の枠組みを広げ、対策の結果に注視する。

MFJカップJP250

【ワンメイクタイヤの継続】

2018-2020 ダンロップタイヤサプライヤー決定

【エントリー受け入れの上限】

最大予選組2組の台数。

エントリー申し込みが予選出走組数を超える場合は、下記の優先順位が設定され、主催者により決定される。

優先順位 資格
2017当該施設ナショナル、インターJP250ランキングまたはポイント獲得者
2018当該施設ナショナル、インターJP250ランキングまたは参加実績
(エントリー時点)
2017MFJカップナショナル、インターJP250ランキングまたはポイント獲得者
その他 上記以外
【技術仕様の見直し】

  1. @ トータル重量の見直し
  2. A ラムダクト(ラム圧)のない車両にラムダクトの追加を認める
  3. B 買取価格制度の見直し
    フロントサスペンション
    10万円⇒15万円
    リアサスペンション
    15万円⇒17万円

【PR等】
  • 専用HP/パドックテント村/動画配信/TVダイジェスト継続予定
MFJグランプリ50回記念大会
2018年MFJグランプリが50回記念となることから、海外ライダーの参戦、過去のマシン展示往年の名ライダーの招待などを検討中。

モトクロスの施策

全日本選手権

1.大会タイムスケジュールの変更(2018年実施案)
  • 土曜日・日曜日の開催レースを再検証し、観客が観戦しやすいスケジュールを策定する
  • 2ヒート制のクラスは、ヒートTでは暫定表彰を行わず、ヒートUで総合表彰のみ行う。

上記については実行可能かワーキンググループで再検討。

2.レース前の走行機会を作る(2018年実施案)
  • メーカー事前テスト(2週間前にウィークデーの2日間コース貸切)の回数を減らし、IA・IBのプライベーターに全日本前の走行機会を提供する

2018年は2回開催される予定のHSR九州、G弘楽園、SUGOの2回目に開催される大会前のメーカー占有の事前テストを行わない方針(各メーカー提案)

3. レース期間の集約(2019年実施案)
  • レース日程を短期間に集約させ、空いた日程を、普及・ライダー育成・広報などの活動に充てる。

<レース日程を集約することで発生するメリット>

  • 全日本ライダーの海外チャレンジ=レベル向上
  • コストダウン、時間の削減=モトクロス・オブ・ネイションズ参戦費用の充当、育成活動、普及活動に充当

各大会主催者の意向も考慮し、2019年の調整で実現を目指したい。

4.レース運営

1)エントリーの一元化(2018年)

  • シリーズ全戦のエントリー窓口を一元化
  • エントラント利便性向上の為、年間エントリー制度を設ける

2)レースアドバイザーの派遣(継続)

  • シ運営の均一化、ライダーのモラル向上を目的にレースアドバイザーを全戦に派遣する
  • レースアドバイザーの役割を明確化し、助言を競技運営に活用する
  • ペナルティポイント制度(または類似の制度)を導入する

3)動画の活用(継続)

  • 安全対策及び違反抑止効果・検証の為、アドバイザー主導で動画を活用

4)モトクロス運営統一セミナーの開催(継続)

レース運営の均一化を目的に、主要競技役員を集め、東地区(SUGO)と西地区(広島)で競技運営統一セミナーを開催する

5)普及活動

全日本における体験試乗会の併設などを検討

モトクロス・オブ・ネーションズ

  • 2018年は、東北大会(藤沢)までのIA1、IA2暫定ランキング(上位6位まで)と海外活動選手より、選考委員会でノミネートを行う。
  • 2019年の全日本シリーズカレンダー調整に早めに取り組み、代表チームを業界で応援する体制作りを目指す。

地方選手権活性対策

モトクロスライセンスの減少と地方選手権参加の減少が顕著であり、地方選手権の内容について、構造改革案をまとめ、2019年に向けて検討する

  • ライセンス区分
  • レース形態
  • 幅広い年齢層に対応する等

上記については主催者を集めた有識者会議で意見収集

トライアルの施策

普及対策

1.東京/大阪モーターサイクルショーPR
  • トライアル車両展示・体験コーナー設置(継続)
  • トライアルデモンストレーション(継続)
  • 地方選手権の情報発信強化(加盟団体HP等)

トライアル普及実行委員会(メーカー・インポーター・タイヤ・用品・雑誌・企業で構成)と連携

2.女性普及対策
  • 世界選手権日本グランプリにWomen’sクラスが初開催されることとなり、参加資格をトライアル委員会で決定、参加促進する。
  • 昨年試験的に実施し好評を得た「レディーストライアルプログラム」を数回開催し、女性ライダーの競技参加を促進する。
3.トライアルグランドチャンピオン大会
  • 昨年は中部で30回記念大会として開催、トップライダーが参加し大盛況。
  • 2018年は四国で初開催、2019年は九州、2020年は北海道を計画。
  • 底辺層の日本一を目指す目標となる大会として継続。

トライアル普及実行委員会(メーカー・インポーター・タイヤ・用品・雑誌・企業で構成)と連携

トライアル・デ・ナシオン

  • 2017年もメーカ―2社にご協力いただき、世界第3位入賞を果たした。
    2018年も日本トライアルレベルの高さを世界に知らしめ、表彰台を目指し派遣する
  • 女性代表チームの派遣も検討
  • 募金活動、メディア露出の拡大などに取り組む

年少者対策

  • 電動トライアル車の研究と活用(レディースプログラムとの連携)
  • 全日本で80〜125を活用し若手育成を検討

高齢者対策

  • 全日本でOver50併催(50才以上が活躍できる場の提供)
CITY TRIAL JAPAN
開催日程 :
2018年4月21日(土)
開催場所 :
通天閣本通商店街〜通天閣前の公道を閉鎖してセクションを設営
観戦無料(立ち見)
 
主  催 :
City Trial Japan実行委員会(実行委員長 : IAS 藤原慎也選手)
大会方式 :
5セクション予定
★MFJ承認競技会
 

エンデューロの施策

  • ライセンス区分の変更
    今まではライセンスは国際/国内の2区分で参加クラスとして細分化していたが全日本への参加が増えたことから、ライセンスを国際A.国際B、国内A,国内Bの4区分とし、技量にあった参加クラスを提供し、さらなるユーザーの拡大を図る。
  • エリア戦の拡充(継続)
    北海道・東日本・中日本・西日本・九州各エリアシリーズの開催を今年も継続し、全日本を目指すエンデューロライダーが地元で楽しめるレース環境を提供する。

スーパーモトの施策

  • 全日本スーパーモト選手権は8戦開催
    参加台数の増加に重点を置く
  • 他のカテゴリーからの移行が多いことから、体験の機会や容易に参加出来る環境作り
  • MFJ加盟団体での告知協力
  • SNS等を活用した情報発信
  • ワイルドカード枠の拡大
    ロードレースのトップライダーがトレーニングを兼ねて出場するケースが増え、盛り上がりに寄与しており、登録ライダーがグリッド数に満たない場合、その上限まで主催者の権限で選抜可能とした。

スノーモビルの施策

  • 全日本スノーモビル選手権は年間5戦を開催
  • 2018年全日本新カテゴリー
    開催クラス名称と排気量区分の変更
    ライセンス 上昇志向(全日本) 生涯スポーツ
      クラス 排気量 昇格 決勝 クラス 排気量 昇格 決勝
    A級 SX-Pro 2st:600/
    4st:1050
      2ヒート
    15min+1L
           
    SX-A1 2st:600/
    4st:1050
    2ヒート
    10min+1L
    SX-A2 Open
    (200cc以上)
    × 1ヒート
    15min+1L
    B級 SX-B1 2st:600/
    4st:1050
    2ヒート
    10min+1L
    MFJ
    Open Cup
    (承認競技)
    Open
    (200cc以上)
    × 1ヒート
    10min+1L
  • 参加者を増やすことに重点を置く
  • 観客・関係者の事故を根絶する為コースの安全対策に取り組む
  • 底辺拡大の為にはスクールなど体験の機会が必要(スノーモビルアカデミーの実施)
  • 加盟団体の参加告知協力(ショップへの告知等)
  • SNSでの情報発信

その他

東北復興応援ツーリング

  • 2018年も8月に実施予定
  • イベント会場は昨年好評を得た会場を中心に選定する
  • バイク月間/バイクラブフォーラムと連携し、業界の協力を得ながら推進する

ジムカーナ

  • 2018年1月に全国8地区の代表を集めミーティングを行う
  • 合意が得られれば2018年内にMFJ主催で全国大会的な競技会開催を検討